2017年4月 4日 (火)

転落した人1.横山ノックさん・・・

転落した人の中に横山ノックさんがいます。セクハラですべてを失った男たちですが、なぜそうなってしまったのでしょうか。

現在では、働く男女にとって身近な問題と考えられているセクハラですが、セクハラという言葉がしれわたるようになって、日本の職場環境が大きく変わったと言われています。事件となってしまうほどの事も少なくなく、日本におけるセクハラ裁判の歴史も徐々に多くなっています。

セクハラですべてを失った男として、横山ノック元大阪府知事がいます。1999年、当時大阪府知事だった横山ノックさんは、選挙カーの中でアルバイトの女子大生の胸を触ったり、パンツの中に手を突っ込むというようなわいせつ行為を行っています。

更にヴィトンバックと財布を買ってやるから誰にも言うなというような口封じまでしています。はじめはわいせつ行為の事実を否定して、逆に告訴したのですが、1999年12月に大阪地方裁判所はわいせつ行為を設定して1100万円に支払いを命じました。

その後、知事を辞職した横山ノックは、芸能界で返り咲く事も出来ず、中咽頭がんで2007年に亡くなりました。芸人から知事まであがり、セクハラ行為により何もかも失ってしまう結果となりました。

何よりも、セクハラは汚いことだし、仕事をする女性の中には、まだ我慢しているという人も多いと思いますが、口に出して言う事が恥ずかしいという人も少なく、実際の現状では、我慢の日々の中仕事をしている女性も少なくありません。

男性はなぜ、家庭がある中で、他の女性にまで手を出してしまうという行為をするのでしょうか。私がいつも思っていることは、家族を幸せにできない男に、家族を守ることが出来ない男に、そんなことをするのは、間違っていると早く気が付いて欲しいと思います。

今も昔も地位の高い男性がその絶対的な権力を使用して、部下の女性にセクハラを繰り返す事例はまだ変わっていません。セクハラ問題が重視されている最近でも権力者や上司によるセクハラは増えるばかりで減っていない状態となっているのです。

女性が働きやすい環境という中で、そんなことが起こってしまうと働くことが出来ませんし、逆に精神的に追い込まれてしまうことになり、女性の仕事失わせる行為でもあると感じます。

なぜ、ああなってしまった?華原朋美・・・

華原朋美、どうしてこうなってしまったのでしょうか。薬物との出会いから立ち直る壮絶すぎる人生となっていますが、凄く歌もうまいし、人気だったのに残念でなりません。

華原朋美さんは、歌姫として多くの人気を集めていました。伸びのある歌声に酔いしれていたという人もたくさんいます。そんな華原朋美さんに薬物疑惑が浮上したのは、有名な話でもあります。

何がきっかけで薬物に手を出してしまったのかは、失恋のショックがきっかけとなっていたとも言われています。実際に失恋のショックというのは、女性でも男性でも気持ちがわかるけど、そうやって逃げるのは間違っているとも感じる事でもあります。

華原朋美さんの恋愛相手として考えられるのは、小室さんですが、様々なスクープが飛び出していましたが、最後は失恋という形で終わってしまったことにより、ショックを受けてしまったのです。

薬物がダメという事はわかっていたと思いますが、失恋のショックを癒してくれるという事でそこに手を出してしまったのですよね。華原朋美さんが薬物にはまってしまってからはどん底ともいえる人生がスタートしてしまいます。

一時は自殺未遂などの報道もありました。薬物の様々な影響が関係していると言われていて、その後は、薬物を断ち切るために努力をしていたそうですが、薬物を断ち切ることは、過去の失恋のショックから立ち直るという事もでもあったと考えられるのです。

今はすっかり元気になっていますが、やっぱり女性にとって失恋は辛いと感じますが、本当に好きだったから、本当の恋だったからそこまで自分を追い込んでしまったのだということは理解できるような気がします。

実際に恋愛中も様々な悩みを抱えていたと思いますが、その中でも好きという気持ちで乗り越えて最終的に失恋となってしまうと、自分を見失ってしまう気持ちはわかりますが、薬物で自分の体を傷つけてしまうことは良くないと感じます。

しかし、気持ちは十分わかりますので、これからも頑張って元気で歌を歌っていって欲しいとも感じますし、人生の中でこれからたくさん楽しんで欲しいとも感じます。

あの人は今!?どこで何をしているのか!?長井秀和。

長井秀和の現在はどうなっているのでしょうか。実際に、事件の深層や離婚の原因などは何が上がっているのでしょうか。テレビを見ていても目にすることが少なくなってきましたし、いつの間にか、目にしなくなってきました。

今の若い人は長井秀和さんの事を知らないという人も多いと思います。間違いないのフレーズで大人気となっていました。すごく懐かしいと感じます。

長井さんも現在では45歳になっていて、東京出身で、所属事務所はタイタンです。爆笑問題と同じ事務所なのです。

大学を卒業して1992年にデビューして売れない時代が続いて、フリーの時に今の事務所のタイタンに拾われた形となったそうです。

1999年に長年連れ添い無名時代を支えていた内縁の妻と結婚しました。2003年に間違いないのフレーズで大ブレイクをはたして、それからは順調に仕事をしているように見えました。

2005年には長男が誕生しています。2007年に世界に通用するコメディアンを目指すということで単身でニューヨークへ行き、語学留学をしています。

この頃からテレビに出るのが少なくなり、その時に事件を起こしています。2007年5月下旬にフィリピン滞在中の17歳の少女にわいせつな行為をしたとして現地の警察を名乗る男数人に身柄を束縛されたと言われています。

その後は、男から金銭で解決を提示されて、日本に居る妻を通して1100万円を支払い、開放されたという事件でした。

その後、17歳だったという少女も実際には、24歳だったという話も出ています。しかし、この事件は結婚して子供もいるので、全く同情できる事ではありませんよね。

その語は事件は落ち着きましたが、評価は下がってしまい仕事はなくなってしまいました。それからも不倫疑惑なども話題となり、ふしだらというような感じがあります。

現在でもテレビで目にすることがありま千が、一応芸能活動は続けていると言われています。所属事務所も変わっていないし、長井さんは芸能活動だけでは、生活する事が出来ず、英語の先生をしていると言われています。

また、クレーン会社で警備員のバイトもやっていると言われていますし、クレーンの免許を持っているようで、正社員にならないといけないということで、今では現場で勉強をかねて、クレーン現場のガードマンをやっています。

クレーンの免許を持っているのならば、勉強してそっちで生計を立てていく事もよいと思います。何事でも中途半端では、うまくいかないという事をきちんと学んでいるようにも思いますので、今後テレビ復帰するのか。クレーンの仕事で過ごしていくのか楽しみではありますよね。

みんなの電話占い|口コミ体験|由翔先生の鑑定!

裕木奈江が受けたバッシング。彼女は今、何をしているのか?

裕木奈江が受けたバッシングですが、秋元康の関係は何があったのでしょうか?日本や海外で女優として活躍している裕木奈江は人気です。見事にブレイクを果たしたアイドル的な存在で活躍していましたが、いつの日か姿を消してしまいました。

実際に疑問に感じている人も多いと思いますが、結婚をして海外に移住して引退したと思われていましたが、やっぱり突然にテレビに出なくなってしまったのには理由があると言われています。

その中で、秋元康さんとの関係やブレイク中の激しいバッシングなどが噂になっていますが、その真相はどうなのでしょうか。

ドラマ北の国から、ポケベルが鳴らなくてで大きな注目を浴びた裕木奈江さんですが、以前から同性からの評価は良くなかったと言われています。女性から嫌われるタレント1位でブリッコ、媚を売っているなどマスコミやテレビのコメンテーターなどから激しいバッシングを受けて、徐々に出演が減ってテレビから消えてしまいました。

あれだけ人気を誇っていた女優なので、激しいバッシングがあったとしても、テレビから完全に消えるのはおかしいことだと多くの方が思っているようです。

ポケベルが鳴らなくてで出演した裕木奈江さん、このドラマを企画したのは、秋元康さんで秋元さんは裕木奈江さんを気に入っていたと言われていますが、あることがきっかけとなり2人の関係は崩れてしまったそうです。

その理由は、裕木奈江さんにある関係を迫り断られてしまったことが原因となっているのはないかと言われています。ドラマの主題歌を裕木奈江が歌うことになっていたのですが、別の歌手が歌うことにより、そのあげく裕木奈江さんの悪口を業界関係者に広めて激しいバッティングを受けることになったと言われています。

実際にこれが真実なら、大変残念なことだと感じますし、恐るべし芸能界とも感じてしまう出来事でもあります。

当時インタビューでは、バッシングを気にしている暇がなかったと裕木奈江は答えていて、後から騒動をしり、夢がかなって幸せだっと語っていて、忙しい現状で色々なことに対して把握する事は出来なかったのだとおもいます。

騒動後も自らの道を切り開いて、国際派女優として現在も活躍しています。結婚して、ロザンぜルスに移住しているのですが、英語は問題なく使う事が出来るようになり、実際に何もかも自分の努力だと思います。

芸能界では、様々なことが大げさに発表されることが多いのですが、その中でもきちんと自分の道を切り開いているのですごいと感じます。

加勢大周の転落人生。トレンディ俳優に何が!?

加勢大周の大麻に手を染めた転落人生ですが、自分だけでなく、裏切られてしまった家族にとっても苦悩の日常となったと言われています。

元俳優の加勢大周は1990年の映画の主演で俳優デビューしました。2000年に結婚もしていますが、直後に隠し子騒ぎが起こり2年で離婚しています。2008年に芸能界を引退しています。

マンションの7階にあるという加勢産の部屋に捜査員が踏む込むと室内には、大麻特有の甘い香りが漂っていたと言われています。2008年10月に覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反で現行犯逮捕されています。

マンションには、ふうとうに入った覚せい剤、巾着袋に入った乾燥大麻、吸引パイプ、注射器などが発見されて、クローゼットからはプランターで育てられている大麻草と栽培のための照明器具も見つかったと言われています。

この逮捕により、加勢の出演していた昼ドラは番組停止となり芸能界には波紋が広がりました。昼ドラの役を考えていると体重が5キロも落ちたと告白していました。

実際に、一般の方が使っている場合には、このような問題にはなりませんが、芸能人が所有したり使っているという中で実際には、大きな問題になり、仕事も失ってしまう可能性が多いですよね。

今でも様々な人が逮捕される報道などもありますが、やっぱり、精神的に追い込まれてしまう仕事なのでしょうか。実際に、薬物汚染が広がっていた時代の出来事ですが、そのことにより、自分の人生ががらりと変わってしまうという事をきちんと知っておくべきだとも思います。

取り調べでは、自分が弱かったと言っていますが、逮捕されて涙を流しても周りには伝わらないと思います、義姉は、まだあっていない状態なのですと言っていますが、加勢にあったのは、逮捕される一週間前と言われています。

一緒に食事をしているのですが、その時に家族は異変には気がつかなかったのでしょうか。おかしいという部分もなく、いつもどおりで、本当に周りが驚いていると言っています。

母親と一緒に住んでいましたが、当時は一人暮らしで、両親は数年前から北海道に住んでいたそうです。両親は心配するばかりで、何があったのかさえもしたないままで、合う事もできず、綿かいする時間は後回しとなり、お詫びする事が先だと言っています。兄夫婦たちが出来る限りのことをしていく事が大事です。

加勢さんは、質問に対して、田舎の親元にかえってから一からやり直したいと言っていますが、芸能界の引退を決意していて、その後は2011年時点では、バーテンダーをして働いていたという声があります。

人気がある俳優さんにとっては、周りを裏切ることが出来ず、様々なことを考えていると薬に頼ったりしてしまう事も多いと言われていますが、何よりもダメなものはだめですよね。

人生のふり幅について考えてみた。

テレビのワイドショーなどで取り上げられる派手な芸能人たち。ですが、そんな彼らはいつも華やかでいるのでしょうか?答えは決してそうではないと思います。

人生のふり幅というものがあって、人より良いことがあれば逆に人より悪い事もより多くなるというもの。人生のふり幅についてしっかり考えたほうがよいでしょう。